横浜市 債務整理 弁護士 司法書士

横浜市在住の人が借金・債務の相談をするなら?

債務整理の問題

借金の悩み、債務の問題。
借金の悩みは、自分だけでは解決が難しい、深い問題です。
ですがいきなり、弁護士・司法書士などに相談しようにも、少し不安な気持ちになる、という方も多いでしょう。
当サイトでは横浜市で借金・債務のことを相談する場合に、オススメの法務事務所・法律事務所を紹介しています。
ネットを利用して相談できるので、初めて相談する方でも安心です。
また、横浜市の法務事務所・法律事務所もいくつか載せているので、そちらも参考にどうぞ。

横浜市の人が借金・債務整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

横浜市の借金返済の悩み相談なら、ココがオススメです。
弁護士対応で、しかも全国対応の弁護士事務所。
初期費用が無料だから、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士料金の支払は、分割払いの対応も可能です。
弁護士への相談料金ももちろん無料!
借金の取り立てをSTOPするのも可能です。
任意整理、過払い金、自己破産、個人再生、など、債務や借金の悩みについて無料で相談することができます。
しかも、無料相談窓口では24時間365日、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(電話代金無料)で相談受付することができるので、借金返済で困っている方も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国に対応している、債務や過払いの問題を相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分にピッタリの方法で、どうにもならない借金問題を解決に導きます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円、取り戻せた過払い金から費用を精算できます。
任意整理についても、減額報酬・和解成功報酬などは一切支払わなくてよいので、安く解決することが可能です。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性も安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国に対応している司法書士事務所なので横浜市にお住まいの方も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まないで、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の横浜市近くにある弁護士・司法書士の事務所を紹介

他にも横浜市には司法書士・弁護士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●横浜中央法務事務所(司法書士法人)
神奈川県横浜市中区本町5丁目49
045-212-1358

●横浜横須賀法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸2丁目10-39日総第5ビル10階
045-620-4195
http://yokoyoko-law.com

●横浜弁護士会
神奈川県横浜市中区日本大通9横浜弁護士会館2F
045-201-1881
http://yokoben.or.jp

●あおば横浜法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央23-11OSセンター南ビル8F
045-949-5552
http://aoba-yokohama.com

●横浜パーク法律事務所
神奈川県横浜市中区山下町207関内JSビル8F
045-226-2531
http://yokohama-park-law.com

●堀尾法務事務所
神奈川県横浜市中区常盤町ニ丁目12番地ウエルス関内4階
0120-151-745
http://saimuseiri-horio.com

●横浜セントラル法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸1丁目11-15
045-324-0433
http://yc-law.jp
弁護士会交通事故個人再生債務整理倒産

●司法書士法人長津田総合法務事務所
神奈川県横浜市長津田5丁目1番13号
045-988-0157
http://nagatsuta-jutakuloan.com

●横浜都筑法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央42-21第2佐藤ビル304
045-350-8424
http://tsuzuki-law.jp

●シティ横浜法律事務所
神奈川県横浜市中区常盤町1丁目1宮下ビル6階
045-651-9635
http://city-yokohama.jp

●弁護士法人泉総合法律事務所横浜支店
神奈川県横浜市西区南幸2丁目20-2共栄ビル6階
045-312-1488
http://springs-law-yokohama.com

●みなとみらい労働法務事務所
神奈川県横浜市中区住吉町2丁目22松栄関内ビル6F
045-662-6505
http://mmrodo.jp

横浜市にある地元の法律事務所や法務事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

借金返済問題に横浜市に住んでいて弱っている方

クレジットカード会社やキャッシング会社等からの借入金で困っている方は、きっと高額な利子に悩んでいるかもしれません。
借金をしたのは自分です、自分の責任だから仕方ありません。
しかし、複数のキャッシング業者やクレジットカード業者から借金していると、額がふくらんで、とてもじゃないけど返済できなくなってしまいます。
毎月の返済金では利子しか払えていない、というような状況の方もいるかもしれません。
ここまで来ると、自分一人で借金を完済することは不可能でしょう。
債務整理をするため、早めに司法書士・弁護士に相談するべきです。
どのようにすれば今の借金を全部返せるのか、借入れ金を減らせるか、過払い金はあるか、等、司法書士・弁護士の頭脳を貸してもらいましょう。
お金・借金の問題の解決は、相談から始まります。

横浜市/任意整理のデメリットあれこれ|債務整理

借入の支払いをするのが大変になったときにはできるだけ早急に処置しましょう。
そのままにして置くとさらに利子は増大していきますし、収拾するのはもっと苦しくなります。
借入の返金をするのがどうしてもできなくなった時は債務整理がしばしばされるが、任意整理もまたしばしば選択されるやり方の一つでしょう。
任意整理のときは、自己破産の様に重要な私財をなくす必要が無く、借入の減額が可能なのです。
また職業・資格の制約もないのです。
良さのたくさんある手法ともいえるが、もう片方ではハンデもあるから、デメリットについても今1度考えていきましょう。
任意整理のハンデとしては、まず先に借入がすべてなくなるという訳では無い事はきちんと認識しておきましょう。
削減をされた借入れは約3年ぐらいで全額返済を目標にするので、きっちりとした支払い計画を考える必要があります。
それから、任意整理は裁判所を通過し債権者と直接話し合いをする事が可能なのですが、法の見聞がない一般人じゃ落度なく協議がとてもじゃない不可能なこともあるでしょう。
更には不利な点としては、任意整理をした時はそれらの情報が信用情報に掲載される事となり、言うなればブラック・リストというような状況になります。
それゆえに任意整理をした後は五年から七年程の間は新しく借入れをしたり、クレジットカードを新規に作る事は困難になるでしょう。

横浜市|自己破産って、どんなメリットとデメリットがある?/債務整理

どなたでも容易にキャッシングが可能になったために、多額の負債を抱え悩みを持ってる方も増えてきてます。
借金返済の為他の消費者金融からキャッシングを行う様になり、抱え込んでる債務の金額を把握できてすらいないという人も居るのが現実です。
借金によって人生をくるわさないように、自己破産制度を活用して、抱え込んでいる債務を一度リセットするという事も1つの手法として有効です。
ですが、それにはメリット、デメリットが生じる訳です。
その後の影響を想定して、慎重にやることが肝要なのです。
まず利点ですが、何よりも借金がすべてゼロになるという事です。
借金返済に追われることがなくなるだろうから、精神的な苦しみからも解き放たれます。
そして不利な点は、自己破産したことにより、負債の存在が近所に知れ渡り、社会的な信用を失うことがあると言う事なのです。
また、新たなキャッシングができなくなりますから、計画的に生活をしていかなくてはいけません。
散財したり、お金の遣いかたが荒い人は、中々生活の水準を落とせない事がという事も有ります。
しかしながら、己に打ち勝って生活をする必要があります。
このように、自己破産にはメリット、デメリットが有ります。
どちらが最善の方策かしっかり考えてから自己破産申請を実施する様にしましょう。